HAPPY cafe 食堂
厚木市のカフェ HAPPY cafe 食堂の無添加の自家製ソーセージ作りのこだわりとメニュー

無添加のおいしい自家製ソーセージについて

自家製ソーセージについて

ハッピーカフェ食堂ではリン酸塩、亜硝酸塩、着色料などソーセージに広く使用されている添加物を一切使用せず、かながわブランドのおいしい銘柄豚のやまゆりポーク100%で天然の羊腸を使ったソーセージを作っています
一般的にソーセージに使われる添加物は見栄えや味、香りを良くする為、パリッとした食感や保存性を向上させる為に使用されています。
しかし、その安全性には様々な意見があるのが事実だと思います。
ソーセージの皮も人工ケーシング(コラーゲンケーシングとも言います)と天然の羊腸の2種類に分けられます。
工場で生産される人工ケーシングは生産性を高める為に破れにくく張りがありパリッとした食感を生み出せ、ソーセージの太さも均一で真っ直ぐに仕上がります。一方の天然の羊腸は個体差の影響で腸の厚みにバラつきがあり、破れやすくパリッとした食感を出しにくく、太さも一定ではなく捻じれがあるので弧を描くように反り返った仕上がりになります。
無添加のソーセージを作る事は大変な手間と知識、経験が必要な作業ですが、せっかく手作りをするんだから皆様が安心して食べられるおいしいソーセージを作りたいと思っています。
一般に流通しているソーセージを悪だとは思いません。店主もシャ○エッセンとかは大好物です。むしろ自らの手でいつの日かあの食感を生みだしたいと思っています。

自家製ソーセージを使ったメニュー

やまゆりポークのホットドッグ パンもソーセージも手作りのホットドッグやまゆりポークの無添加ソーセージを自家製の米粉パン(小麦グルテン入り)に挟んだホットドッグ。ケチャップ、粒マスタード、ピクルスも自家製。 600円
やまゆりポークの無添加ソーセージ(1本) 今も研究を続ける店主の手作り無添加の自家製ソーセージ燻製をしていない自然な味わいのソーセージ 350円
やまゆりポークの無添加チョリソー(1本) 辛さ控えめのチョリソー。 400円

厚木市のカフェ HAPPY cafe 食堂の店舗情報

店舗情報

11月の休業日:4日(日曜日)、13日(火曜日)、20日(火曜日)、27日(火曜日)

営業時間:昼11時から夜21時まで
ランチタイムは15時まで、ラストオーダーは20時。

座席数:カウンター5席、座敷4卓12席

駐車場:店舗前5台

住所:神奈川県厚木市小野2236-2

電話番号:046-248-4823(faxはありません)
ご予約の前にご覧下さい

メール:hapishoku@happycafe.jp
メールでのご予約は承っておりません。ご予約はお電話でお願い致します。

全面禁煙・電子煙草も不可/ペットの入店不可

HAPPYcafe食堂で導入ている備品、サービスの紹介

暖房はペレットストーブ・冬は本当に温かい

HAPPY cafe 食堂ではペレットストーブを使用しております。 2017年に導入してからは冬場はエアコンやガス、石油ストーブに頼ることなく温かい快適な室内空間を実現しています。ペレットストーブの購入&設置、質問等のお問い合わせは下記のベイストーブまでご連絡をお願いします。

HAPPY cafe 食堂で実機を見て購入&設置された方には、ペレットストーブの燃料のサービスがあるそうです。 契約の際に「ハッピーカフェ食堂でペレットストーブを見た」とベイストーブの担当者にお伝え下さい。

ペレットストーブの購入&設置はベイストーブにお問合わせください
ペレットストーブの購入&設置はベイストーブにお問合わせください

低コストのレンタルサーバーとSSLが決めて10年以上使ってます

2006年よりホームページはさくらインターネットのレンタルサーバー、ドメイン取得を利用して運用されています。2018年からはSSLも取得し安定したホームページ運用が行えています。

面倒な会計処理はだいぶ減りました

2012年より弥生の製品で会計処理を行っています。HAPPY cafe 食堂が利用しているやよいの青色申告は口座取引やカード決済などの自動仕分け機能があり年々高機能化しているので会計にかかわる時間がだいぶ短くなりました。