HAPPY cafe 食堂
HAPPY cafe 食堂の手作りの優しい味を作るこだわりを知る

HAPPY cafe 食堂についてもっと知る

総席数17席の小さな店内は和な作りで、カウンター席とコルクマットが敷かれたお座敷があります。座敷にはペレットストーブがあり冬場はハッピーカフェ食堂の温かみをより一層引き立てます。

HAPPY cafe 食堂では、お客様にこの場所を選ぶ価値と関心を一つでも多く持って頂ける様にお食事はもちろん、付け合わせの惣菜やデザート、一部のドリンクベースも心を込めて手作りをしており、他所には無い味を提供しています。

ご来店下さったお客様にご満足頂きいつの日か「もう一度あそこに行ってみよう」と思って頂ける様に、その日が来る事を心から願い日々の仕事に励んでおります。

HAPPY cafe 食堂は店主夫婦が二人だけで切り盛りする小さなカフェです。料理もデザートもドリンクも手作りでヘルシーな優しい味にこだわっている事から味付けはあっさりとしたモノが多く、料理は注文を受けてからご用意いたします。御注文内容や混雑の具合によっては調理に時間が掛かったり調理の順番が前後する事もあります。また、接客・調理を含めた全ての作業は一つ一つ順に行いますのでお客様にお待ちいただく事もあります。これらの事をご了承の上でご利用下さいますように宜しくお願い致します。

グルメサイトやSNSのコメント・口コミには一切お応え致しません。御意見・御質問はメールにてhapishoku@happycafe.jpHAPPY cafe 食堂にお願い致します

こだわり素材
野菜の出汁 様々な料理のベースはベジブロスとも呼ばれる野菜の出汁です。玉ねぎと皮、ニンジンの皮とヘタ、キャベツの芯、かぼちゃの皮とワタ、ショウガ、ニンニクを煮て素朴な野菜の旨みがあるあっさりとした出汁を使用しています。
油を使わない飴色玉ねぎ ハンバーグやキーマカレー、キノコのカレーに使われる飴色玉ねぎは油で炒めるのでは無く野菜の出汁で玉ねぎを煮て焦がさない様に水分を飛ばして煮詰めて作ります。こってり感も無く玉ねぎの甘みを引き出せます。
かながわブランドの銘柄豚やまゆりポーク 使用する豚肉は全てやまゆりポークです。やまゆりポークは『かながわブランド』に登録された銘柄豚で神奈川県で生まれ育つ美味しい豚肉です。神奈川県の花「やまゆり」にちなんで名前を付けられたこのお肉は県内指定農場で生産されています。
福井県のコシヒカリ お米は福井県産コシヒカリ七穀(黒米、胚芽大麦、大麦、もちきび、もちあわ、アマランサス、いりごま)を混ぜてガス釜で炊いています。より美味しくご飯を炊く為にお米を洗う時は研ぎ汁に浸かり過ぎない様に細心の注意を払い炊飯前の吸水時間をしっかりと取り、、お米の甘さを引き出す為にを加え、艶を出しの為に米油を少量加えています。
米油 米ぬかから作られる米油はコレステロールを下げる等の健康効果があるとも言われ、栄養成分も豊富で酸化安定性や保存性に大変優れております。それらに加え「軽くて、香ばしく、胃もたれしない」と言う特性があり日本国内の学校給食の食用油のシェアは60%を越え病院、製菓業など幅広く使用されております。
地場産の野菜 野菜は地場産、国産のみ - 皆様に気兼ねなく楽しく食事をして頂く為に、店主が自分で選んだ地場産や国産の野菜を全ての料理の材料として使用しています。
地域の素材 卵は伊勢原市上粕屋の坂本養鶏さん、おからは厚木市小野の三橋豆腐店さんから仕入れ、こんにゃくは伊勢原市石田の荻野商店さんの製品を使わせて頂いております。
デザート作りの素材 小麦粉、小麦全粒粉、てんさい糖、ビートグラニュー糖、クリームチーズは北海道産、伊勢原市の「さかもとのたまご」が生産する新鮮な卵、アルミニウムフリーのベーキングパウダー、イタリアのシチリア産の有機100%ストレートレモンジュース
ドリンク作りの素材 熊本県産の生姜、愛媛県産の無農薬防腐剤不使用のレモン、厚木産の苺、キウイ、梅、ブルーベリー、赤紫蘇、アメリカ産のチェリー、長野県産の完熟リンゴなどの旬の素材を期間限定ドリンクやデザートに使っています。
使用する材料の全てが国産ではありません。牛肉やトマトの缶詰など加工品の一部は輸入品です。外国産にも良い物もありますし、国産にも悪い物もあります。お客様に安心して利用して頂く為に使用する材料は十分に吟味しており、原材料、作り方、原産地は可能な限り公開してまいります。

ご利用に際してのお願い

ご予約をおすすめします

総席数はカウンター5席と座敷に4卓12席を合せて17席の小さなお店です。「小さな子供がいる」、「3人以上で利用する」、「2台以上の車で来店する」と言うお客様は特にご予約をされる事をおすすめ致します。
ご予約につきましてはこちらのページ「ご予約の前にご覧ください」をご確認ください

長時間の滞在は御遠慮下さい。

席数も少なく、駐車場も少ないのですぐに満席・満車となってしまいます。他のお客様にもご利用頂くためにも特にランチタイムは2時間を超える長時間の滞在は御遠慮下さい。

HAPPY cafe 食堂の駐車場に車を停めて下さい。

お隣にあるスナック・チェルシーさんの駐車場に車を停めるお客様が後を絶ちません。チェルシーさんも大変に迷惑をしていますので、必ずHAPPY cafe 食堂の駐車場の黄色のカラーコーンの前に車を停めて下さい。

縦列駐車にご協力下さい

2台以上でご利用の場合は店舗前駐車場にて縦列駐車となります。一組のお客様に多くの駐車スペース割り当てる事は出来ません。駐車場も少ない為、可能な限り乗り合いでご来店下さい

全てのお客様を対象に1オーダー制を取っております

小さなお子様であればお食事で無くともお子様ジュース(180円)などでも構いませんのでご注文を下さいますようにご協力をお願い致します。
※離乳食のお子様は1オーダー制の対象とはなりません。

離乳食以外の飲食物の持ち込みはお断りいたします

離乳食の持ち込みはお気軽にどうぞ!!離乳食の温め粉ミルクのお湯もご用意いたしますの遠慮なくお申し付けください。スナックやゼリー、グミ、チョコレート等のお菓子やジュース類の持ち込みは止めて下さい

使用済みのオムツは持ち帰って下さい

使用済みのオムツはテーブル席やトイレに放置したり、ゴミ箱に捨てないで下さい。必ずご家庭に持ち帰って処分して下さい。

お子様から目を離さない様にお願いします

店内には段差の大きな座敷があり、冬場はペレットストーブを使用します。
小さなお子様連れのお客様はお子様が席から離れない様にご注意ください。また、店内は狭く隣の席とも近いのでお子様が店内を走り回ったり大きな声で騒ぐのは他のお客様の御迷惑となります。保護者の方のご配慮をお願い致します。

お料理やお店内外での写真撮影はご自由になさって下さい。

ただし、お店のスタッフの顔や他のお客様の顔、厨房内が写り込むような撮影は絶対に止めて下さい。

衛生上の懸念が有る為、食べ残しのお持ち帰りは固くお断りいたします

無断もしくはお客様の強いご要望の上でお持ち帰りになった食べ残しに因り起こり得る全ての事柄について当店では一切の責任を負いかねます。

飲酒運転はダメ!

法令に反する事となりますので、お車を運転されるお客様への酒類の提供は一切行いません。

厚木市のカフェ HAPPY cafe 食堂の店舗情報

営業時間

平日:11時から20時まで営業(ラストオーダーは19時)

土曜日、日曜日、祝日:11時から21時まで営業(ラストオーダーは20時)

休業日

7月の休業日:2日(火曜日)、9日(火曜日)、16日(火曜日)、23日(火曜日)、30日(火曜日)

住所

神奈川県厚木市小野2236-2

電話番号

046-248-4823(faxはありません)
ご予約の前にご覧下さい

その他

座席数:カウンター5席、座敷4卓12席

駐車場:店舗前5台

メール:hapishoku@happycafe.jp
メールでのご予約は承っておりません。ご予約はお電話でお願い致します。

全面禁煙・電子煙草も不可/ペットの入店不可