本文へスキップ

こだわりカレーとドリアとホットドッグのカフェレストラン | おいしいランチものんびり夜のお食事もおすすめ | 厚木市のカフェHAPPYcafe食堂

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.046-248-4823
営業時間:11時から21時(20時30分L.O.)

お得情報special

レシピをクリックすると詳細が表示されます。

自家製ジンジャーシロップのレシピ・作り方

厚木のカフェおいしいランチ。こだわりのカレー、ドリア、ホットドッグがおすすめ。

【材料】※材料は容量1.5Lの保存瓶1本分
根生姜250g
クローブ(ホール) 20粒
シナモンスティック 1本
水 600cc
甜菜糖 550g
レモンジュース 240cc
レシピの分量は店舗での仕込みと同量になっています。ご家庭等で作る場合は分量を調節して下さい。
【作り方】
根生姜を良く洗い、スライサーを使い薄くスライスする。 ホーロー鍋に水、スライスした根生姜、クローブ、シナモンスティックを入れ弱火で火にかける。 沸騰しない様に注意しながら20分煮る。 甜菜糖を加えて良く混ぜ5分煮る。 レモンジュースを加え全体に馴染ませてから5分煮て完成。 煮沸消毒した保存瓶に移して冷蔵庫で保存。
【ポイント】
分量調整で上記より少ない分量で作る場合は温度が上がり易く、生姜の辛味が強くなるので火加減には気を付けて下さい。
レモンジュースは香料が使用されていないモノ 紅茶、ソーダ、お湯などでシロップを割って飲んで下さい。


玉葱ドレッシングのレシピ・作り方

厚木のカフェおいしいランチ。こだわりのカレー、ドリア、ホットドッグがおすすめ。

【材料】 ※材料は容量1.5Lの保存瓶1本分
玉葱(みじん切り) 350g
醤油 200cc
酢 200cc
酒 200cc
みりん 200cc
甜菜糖 大さじ3
粗塩 小さじ2
山椒(粉) 小さじ1/2
米油 大さじ4
レシピの分量は店舗での仕込みと同量になっています。ご家庭等で作る場合は分量を調節して下さい。
【作り方】
玉葱をみじん切りにしてボウルに移し冷蔵庫に2〜3時間置く。酒とみりんを火にかけ強火でアルコールを飛ばす。煮沸消毒した保存瓶に醤油、酢、甜菜糖、粗塩、山椒を入れ良く混ぜる。冷めた酒、みりんと玉葱も加え良く混ぜる。最後に米油を加え冷蔵庫で一晩寝かせて完成。
【ポイント】
みじん切りの玉葱は水にさらさない。水分が多く出るので摩り下ろすのもお薦めしません。 玉葱の分量はお好みで加減して下さい。 サラダのドレッシング以外にも焼き肉のタレ、冷や奴などにも使えます。


牛蒡と切干大根の胡麻サラダのレシピ・作り方

厚木のカフェおいしいランチ。こだわりのカレー、ドリア、ホットドッグがおすすめ。

【材料】
牛蒡 400g
人参 100g
切干大根 60g
A
水 2L
塩 小さじ2
B
マヨネーズ 200g
黒すり胡麻 50g
てんさい糖 50g
酢 100cc
醤油 20cc
レシピの分量は店舗での仕込みと同量になっています。ご家庭等で作る場合は分量を調節して下さい。
【作り方】
牛蒡、人参は皮を剥いて5cm程の長さに切り分け、千切りにして水に晒す。切干大根を水で戻し短く切る。Aを鍋に入れ沸かす。Bを混ぜ合せる。牛蒡、人参、切干大根を笊にあけ水気を切る。沸騰した湯に入れ混ぜながら2分ほど茹でる。茹であがったら笊にあけ良く水気を切る。合せておいた調味料に和えて完成。
【ポイント】
スーパーで売られている牛蒡1本が大体200g前後(太さにより100g位の違いがあります) 水に晒した牛蒡、人参、切干大根は水気を切る時に絞らない。茹でた後も同様に絞らない。
※千切りスライサーがあると超便利です!!!


押し麦サラダのレシピ・作り方

厚木のカフェおいしいランチ。こだわりのカレー、ドリア、ホットドッグがおすすめ。

【材料】
押し麦 180g
きゅうり 100g
玉葱 100g
あら塩 2g
パプリカ(赤、黄) 各50g
レモンジュース 大さじ2
クミンパウダー 中さじ1
大蒜 10g
あら塩 中さじ1
オリーブオイル 大さじ1
レシピの分量は店舗での仕込みと同量になっています。ご家庭等で作る場合は分量を調節して下さい。
【作り方】
きゅうり、玉葱、パプリカはそれぞれみじん切りにする。きゅうりと玉葱にあら塩2gを加え塩もみし水気をよく絞る。
オリーブオイル以外の調味料を混ぜ合わせる。
鍋にたっぷりの水と押し麦を入れ火にかける。沸騰したら中火にして5分ほど茹でる。押し麦を笊に空け水気をよく切る。
調味料にきゅうり、タマネギ、パプリカを加えて混ぜ、押し麦も加えてよく混ぜる。
最後にオリーブオイルを加え全体に馴染ませたら完成。
【ポイント】
オリーブオイルを最後に加えるのは材料に調味料の味をしっかりと付ける為です。
オリーブオイルを先に加えると素材と調味料が十分に馴染みません。(科学的な根拠は全くありませんが、何度か試作した結果にこのような結論に至りました。オイルを先に入れるか後に入れるかで味は変わる様に思えます。)


人参サラダのレシピ・作り方

厚木のカフェおいしいランチ。こだわりのカレー、ドリア、ホットドッグがおすすめ。

【材料】
人参 800g
マヨネーズ 105g
酢 中さじ4
砂糖 中さじ2
あら塩 10g
レシピの分量は店舗での仕込みと同量になっています。ご家庭等で作る場合は分量を調節して下さい。
【作り方】
人参は皮を剥いて5cm程の長さに切り分け、千切りにしてあら塩10gを加え暫く置く。水分が出てきたら手ぬぐいなど清潔な布で水気を絞る。水気を切った人参に調味料を全て加え暫く置いて味を馴染ませたら完成。
【ポイント】
※千切りスライサーがあると超便利です!!!


ヒヨコ豆のサラダ(フムス)のレシピ・作り方

厚木のカフェおいしいランチ。こだわりのカレー、ドリア、ホットドッグがおすすめ。

【材料】
乾燥ヒヨコ豆 400g
ヒヨコ豆の煮汁 100cc
きゅうり 100g
玉葱 100g
あら塩 2g
パプリカ 100g
オリーブオイル 大さじ6
米酢 大さじ3
バルサミコ酢 大さじ3
甜菜糖 大さじ2
あら塩 小さじ1
粒マスタード 小さじ1
レシピの分量は店舗での仕込みと同量になっています。ご家庭等で作る場合は分量を調節して下さい。
【作り方】
乾燥ヒヨコ豆はたっぷりの水に浸し冷蔵庫に一晩(8時間ほど)に置く。冷蔵庫から出して水は捨てずにそのまま火にかける。最初は強火で沸騰したら中火より少し弱めで1時間ほどヒヨコ豆が柔らかくなるまで煮る。鍋の水分が蒸発して少なくなったら水を足して下さい。ヒヨコ豆が柔らかくなったら火を止めそのまま冷ます。
オリーブオイル以外の調味料を全て混ぜ合せる。
きゅうり、玉葱、パプリカをみじん切りにする。きゅうりと玉葱にあら塩2gを加え塩もみをして水気をしっかり絞る。
ヒヨコ豆の煮汁100ccをとったらヒヨコ豆を笊にあけ、ボウルに移してマッシャーなどで潰す。途中、ヒヨコ豆が乾燥して固くなってきたら煮汁を少しずつ加え滑らかにする。
オリーブオイル以外の調味料を加え、良く混ぜたらきゅうり、タマネギ、パプリカも加え良く混ぜる。
最後にオリーブオイルを混ぜて完成。
【ポイント】
オリーブオイルを最後に加えるのは材料に調味料の味をしっかりと付ける為です。
オリーブオイルを先に加えると素材と調味料が十分に馴染みません。(科学的な根拠は全くありませんが、何度か試作した結果にこのような結論に至りました。オイルを先に入れるか後に入れるかで味は変わる様に思えます。)
ヒヨコ豆の煮汁は全て使わなくてもかまいません。お好みの固さに加減をして下さい。


大豆の煮豆のレシピ・作り方

厚木のカフェおいしいランチ。こだわりのカレー、ドリア、ホットドッグがおすすめ。

【材料】
乾燥大豆 500g
水 2L
醤油 55cc
てんさい糖 220g
レシピの分量は店舗での仕込みと同量になっています。ご家庭等で作る場合は分量を調節して下さい。
【作り方】
乾燥大豆を2Lの水に浸し冷蔵庫に一晩(8時間ほど)に置く。冷蔵庫から出して水は捨てずに蓋をしてそのまま火にかける。最初は強火、吹きこぼれる前に弱火にし蓋をずらして60分から90分ほど大豆が柔らかくなるまで煮る。鍋の水分が蒸発して少なくなったら水を足して下さい。大豆がかぶるくらいの量を維持して下さい。
大豆が柔らかくなったら醤油、てんさい糖を加え一煮立ちさせて火を止める。冷めたら完成。

【ポイント】
蓋をしているので吹きこぼれには注意して下さい。大豆を浸した水、煮た汁は捨てないで下さい。大豆のエキスが染み出た貴重な調味料ですよ。煮た大豆は温度が下がる段階で調味料の味を吸うので煮てからすぐ食べるより冷ましてからの方が美味しく食べる事が出来ます。
煮ている最中に吹きこぼれたり、水分が蒸発しすぎた場合は躊躇なく水を足しましょう。大豆がかぶるぐらいの量の水が目安です。水の量が多いと完成した後の味が薄くなり、逆に少ないと味が濃くなります。水の加減には十分に気を付けて下さい。
分量の目安は水は乾燥大豆の4倍、調味料は煮た豆の重量の5%の醤油、20%のてんさい糖です。乾燥大豆は煮ると2.2倍になると言われています。是非、この割合を参考にしてみて下さい。


美瑛産ジャガイモのポテトサラダのレシピ・作り方

厚木のカフェおいしいランチ。こだわりのカレー、ドリア、ホットドッグがおすすめ。

【材料】
ジャガイモ(美瑛産)1kg
人参 100g
玉葱 100g
きゅうり 100g
あら塩2g(野菜に対して1%の分量)
コーン 150g
マヨネーズ 200g
白ワインビネガー 大さじ2
粒マスタード小さじ1
あら塩小さじ1
てんさい糖小さじ1
米油大さじ4
レシピの分量は店舗での仕込みと同量になっています。ご家庭等で作る場合は分量を調節して下さい。
【作り方】
ジャガイモを洗い、人参は皮をむきます。ジャガイモは皮付きのまま、人参は適当な大きさに切って鍋に入れ水から茹でます。沸騰したら火を弱め、沸騰させない程度の火力で20分から30分茹でます。
茹でているうちにきゅうりと玉葱をみじん切りにして塩2gを振り水が出たら晒し布などで水気をしっかり絞ります。
米油以外の調味料を混ぜ合せて置きます。
ジャガイモに爪楊枝を挿してすっと入るようなら茹であがっています。湯から上げて熱いうちにジャガイモの皮を剥きます(非常に熱いので火傷には十分注意!)
ボウルに皮を剥いたジャガイモと人参を入れマッシャーで潰す。水気を絞ったきゅうりと玉葱、コーンを入れ混ぜ合せ調味料も和えたら最後に米油を加え良く馴染ませたら完成。
【ポイント】
ジャガイモの産地はどこでもOK!茹でたジャガイモが熱過ぎて持てないという場合は茹で汁の中に置きある程度冷めるまで待ちましょう。


自家製ソーセージのレシピ・作り方

厚木のカフェおいしいランチ。こだわりのカレー、ドリア、ホットドッグがおすすめ。

【材料】
やまゆりポークのウデ肉 1kg
やまゆりポークの背脂 100g
たまねぎ 30g
しょうが 5g
にんにく5g
白コショウ 1.5g
ナツメグ 1g
ローレルパウダー 2g
あら塩 20g
てんさい糖 20g
レシピの分量は店舗での仕込みと同量になっています。ご家庭等で作る場合は分量を調節して下さい。
【作り方】
説明が非常に長くなりますのでブログに詳細記事があります。こちらをご参考になさって下さい。http://blog.happycafe.jp/article/179225195.html
ブログ記事は2017年4月2日の最新版です。近日中に最新版に更新されます。
【ポイント】
とにかく手早くです!


お得情報

割引クーポン
詳しくはこちら⇒https://tabelog.com/kanagawa/A1408/A140802/14035788/dtlmap/

毎月第3週の平日
ポイントカード2倍


アクセスカウンター

shop info.店舗情報

HAPPY cafe 食堂



営業時間:11時から21時
     20時30分L.O.
定休日 :毎週火曜日
     毎月第4水曜日
(注)1月、8月、12月は不定休
住所  :〒243-0125
     神奈川県厚木市小野
     2236-2
電話  :046-248-4823



このエントリーをはてなブックマークに追加